青木「いい仕事できた」代打で四球 ブルワーズ、サヨナラ勝ち

[ 2013年9月16日 07:42 ]

レッズ戦の8回、代打で四球を選ぶブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ6―5レッズ

(9月15日 ミルウォーキー)
 米大リーグ、ブルワーズの青木は15日(日本時間16日)、ミルウォーキーで行われたレッズ戦の8回に代打で四球を選び、9回は右翼の守備に入った。

 2―5で迎えた8回、青木は投手のウッテンの代打として登場、フルカウントから内角低めのボールを見極めて四球で出塁。これを足掛かりにブルワーズはこの回3点を奪って同点に追い付くと、続く9回1死からハルトンが中越えに3号ソロを放ち、6―5でサヨナラ勝ちした。

 ▼青木の話(サヨナラ勝ちは)チームが最後まで諦めなかった結果。(8回の四球は)ヒットも欲しいけど、四球も大事。少しでもチャンスをつくらなければいけない場面でいい仕事ができたと思う。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月16日のニュース