プロ初安打が先制打 広島・鈴木誠也「サイコーです!!」

[ 2013年9月16日 17:47 ]

<広・巨>4回2死一、二塁、鈴木誠が中前にプロ入り初安打となる適時打を放つ

セ・リーグ 広島5―4巨人

(9月16日 マツダ)
 4回、広島の先制打を放ったのはドラフト2位ルーキーの鈴木誠也。2死一、二塁から左前に放ったプロ初安打が先制タイムリーとなり、お立ち台に上がった19歳は「すごい緊張してます」とぎこちない笑顔で喜びを口にした。

 「昨日打てなかったんで、きょうは絶対に打ちたいという思いで打席に入りました。サイコーです!!」

 これで6連勝となり、まだ一度もクライマックスシリーズ(CS)に出たことのない広島にとっては3位以内に大きく前進した。

 「満員の中でできて幸せです。あしたも勝ってチームに勢いをつけれたらいいなと思います」という鈴木誠は、「きょうのヒットはファンの皆さんのおかげです」と3万2053人が詰めかけたスタンドに感謝。3安打を放ち、一緒にお立ち台に一緒に上がった小窪とともに、同僚たちから大量の水をかけられ、ずぶ濡れとなっても「気持ちいいでーす!」と興奮は収まらず、笑顔全開だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月16日のニュース