今村 初登板で5回1失点 原監督「いいスタート切った」高評価

[ 2013年9月16日 18:45 ]

セ・リーグ 巨人4―5広島

(9月16日 マツダ)
 先発で1軍初登板した巨人の2年目、今村が好投した。被安打6で4回まで毎回走者を背負ったが、140キロ台中盤の速球を軸に5回1失点と粘り「思い切って投げられた」と充実した表情だった。

 大阪・太成学院大高からドラフト2位で入団し、今季は2軍で10勝している。沢村の中継ぎへの配置転換で手にしたチャンスで好結果を残し、原監督は「けれん味のない投球。いいスタートを切った」と評価。次回も先発で起用する見込みだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月16日のニュース