ムネリン、粘りの打撃できず「悔しい」

[ 2013年9月16日 09:15 ]

ア・リーグ ブルージェイズ―オリオールズ

(9月15日 トロント)
 ブルージェイズの川崎は1―3の8回2死から代打で登場したが、空振り三振に終わった。

 代打のコールで球場はこの日一番の盛り上がりを見せた。しかし速球派右腕ハンターの156キロにバットが空を切ると、歓声はため息に。川崎らしい粘りの打撃を披露できなかった。

 川崎は「素晴らしいピッチャーだと最初から分かっていたけれど、何とかして(塁に)出たかった。悔しい」と厳しい表情だった。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月16日のニュース