金城、CS諦めん!「軌道、頭に」浅尾の3球連続フォークとらえた

[ 2013年9月16日 17:48 ]

<中・横>逆転打を放ち、ファンの声援に帽子を振って応える金城

セ・リーグ DeNA3―2中日

(9月16日 ナゴヤD)
 1―2の7回無死満塁。2ストライクからの3球目、外角低めのフォークを「無心で打ちました」というDeNA・金城の打球は、中日・浅尾のグラブをはじく強襲安打。2者が生還し、逆転に成功。これが決勝打になった。

 「2球とも低めのフォークを振らされ、軌道がだいたい頭に入っていたので、3球目も来たら、何とか飛びついてバットに当ててやろうと思って」と見事に仕留めた。

 「まだCSのチャンスがあるんで、諦めないで最後まで頑張りたいと思います」。自力でのCS進出の可能性はないが、奇跡を信じて17日から地元6連戦で巻き返しを図る。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月16日のニュース