青木2四球に納得 守備では好返球見せた

[ 2013年9月16日 06:00 ]

レッズ戦の3回、バント安打を狙うも投ゴロに倒れたブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ3―7レッズ

(9月14日 ミルウォーキー)
 ブルワーズの青木は3打数無安打で2試合連続ノーヒットとなったが2四球を選び、「できることをやっていくことが大事」と前向きに話した。
【試合結果】

 守備で見せ場をつくった。3―7の9回1死一、二塁でフレージャーの右前打に反応し、素早く捕球すると本塁へ鋭い送球。捕手のミットにワンバウンドで収まり、二塁走者のボットは本塁のはるか手前でアウト。このプレーには「しっかり投げればアウトにできるタイミング。余裕を持って投げられた」と満足げだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月16日のニュース