オールイーストが連勝 滝澤V打 女子プロ野球ヴィクトリアS第5戦

[ 2013年9月16日 22:37 ]

勝ち越しのタイムリーを放つオールイースト滝澤

 女子プロ野球ヴィクトリアシリーズ第5戦が16日、神宮で行われ、オールイーストが中盤の好機をものにし、オールウエストに6―4で逆転勝利。ヴィクトリアシリーズ連勝で、対戦成績を3勝2敗とした。

 4点を追うオールイーストは4回無死満塁から6番小久保の走者一掃となる右中間三塁打で3点を返し1点差に迫ると、8番川保の右中間二塁打で一気に同点に追いついた。続く5回無死三塁から5番滝澤の左越え適時二塁打で勝ち越しに成功。さらに川保の左犠飛でリードを広げた。

 勝ち越し打の滝澤は「思い切りいけと言われて、何も考えずに打席に入りました。タイムリーを打てたことが凄く嬉しくて、思わずガッツポーズが出ました」と笑顔を見せ、最後は滝澤お決まりのファイヤーコールでスタンドを盛り上げた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月16日のニュース