広島、ヒヤヒヤも今季初の6連勝…巨人3連敗でM5変わらず

[ 2013年9月16日 17:15 ]

<広・巨>8回1死三塁、エルドレッドが左前適時打を放つ

セ・リーグ 広島5―4巨人

(9月16日 マツダ)
 広島が巨人を5―4で下して今季初となる6連勝を飾り、クライマックスシリーズ進出となる16年ぶりのAクラス入りに加速した。

 一方、連覇目前の巨人は3連敗で、マジックは「5」のまま。

 広島は4回2死一、二塁から代打・鈴木の左前適時打で先制。1―1で迎えた8回には、1死二塁からキラの右前打を巨人右翼手・長野が後逸するタイムリーエラーで勝ち越すと、押し出しなどもあり、結局この回、打者10人を送って4安打3四球で一挙4得点を挙げた。

 巨人は4点を追う9回、広島5番手・ミコライオの制球難と敵失に付けこみ、暴投、押し出し四球、犠飛で3点を返したが、あと1点届かなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月16日のニュース