新守護神の上原 クローザー初セーブ「先頭打者が全て」

[ 2013年6月28日 06:00 ]

<レッドソックス・ロッキーズ>2セーブ目を挙げ、チームメートと笑顔でタッチを交わすレッドソックス・上原(中央)

インターリーグ レッドソックス5―3ロッキーズ

(6月26日 ボストン)
 レッドソックスの上原がクローザー初セーブ(今季2セーブ目)を挙げた。

 抑えのベイリーの不振により、代役に指名されてから5日。ようやく回ってきた登板機会で、先頭のコルビンにはフルカウントとされたが、8球目の内角89マイル(約143キロ)の直球で見逃し三振。「際どかったので、あれをストライクとコールしてくれたのが助かった。きょうは先頭打者が全て」。後続も抑えて3者凡退で締め、充実した表情で振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月28日のニュース