NPBが震災復興支援 移動式フェンスなど寄贈

[ 2013年6月28日 16:17 ]

 日本野球機構(NPB)は28日、東日本大震災復興支援事業として、被災地の岩手県大船渡市に移動式のグラウンドフェンス300台、同県陸前高田市に投光器12台をそれぞれ贈呈すると発表した。

 7月6~7日に行う贈呈式に合わせて野球教室が開催され、元横浜(現DeNA)の駒田徳広氏、元ヤクルトの鈴木健氏や元楽天の福盛和男氏らが講師を務める。参加は無料。6日は大船渡市三陸総合運動公園、7日は陸前高田市立小友中学校跡地で実施される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月28日のニュース