広島 自力優勝消滅 交代裏目 拙守連発 野村監督「状況把握できていない」

[ 2013年6月28日 22:34 ]

8回、マウンドに集まる広島ナイン

セ・リーグ 広島4―7阪神

(6月28日 甲子園)
 広島は3点リードの8回に6点を奪われて逆転負けを喫し、自力優勝の可能性が消えた。

 7回まで1失点と好投した武内の交代も裏目に出たうえに、拙守連発で流れを手放した。救援陣がピンチを招いた8回途中に抑えのミコライオを投入したが、悪送球の松山らが右腕の足を引っ張った。

 野村監督は「あんな失策をしているようでは投手も力が入ってこない。状況把握ができていない」と切り捨てた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月28日のニュース