涌井 3回途中KO2軍降格 渡辺監督「今のまま投げさせても同じ結果」

[ 2013年6月28日 06:00 ]

<西・楽>3回無死二、三塁、連打を浴びて降板する西武先発・涌井(右)

パ・リーグ 西武1-10楽天

(6月27日 県大宮)
 中継ぎから先発復帰した西武・涌井が3回途中5失点でKOされ、試合後、2軍降格が決まった。

 速球はシュート回転で真ん中に集まり、スライダーも切れを欠き、プロ1年目の05年5月19日阪神戦(西武ドーム)での1回0/3に次ぐ早期降板。渡辺監督は「ピッチングになっていない。今のまま投げさせても同じ結果。もう一回ファームでやり直してほしい」とし、涌井も「チームが夏場の苦しい時期に上がって頑張れれば」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月28日のニュース