2打席21球粘った!DeNA 山崎「分かれ目」2点打

[ 2013年6月28日 06:00 ]

セ・リーグ DeNA7-6ヤクルト

(6月27日 神宮)
 「主演」の座は両外国人に譲ったが、「助演賞」は2番のDeNA・山崎。

 4回2死満塁で11球粘った末に、一、二塁間を破って2者を迎え入れ、逆転につなげた。「あそこが勝負の分かれ目でしたね」。二ゴロに終わった前の打席でも10球粘り、ロマンに2打席で21球も放らせた。「粘って3番以下に回せば点が入る。つなぐのが僕の仕事ですから」と満足そうに振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月28日のニュース