4・23 広島VSヤクルトでは前田智への死球で警告試合に

[ 2013年6月28日 09:51 ]

 【最近の主な乱闘試合】

 ☆11年7月11日、オリックス―西武戦(西武ドーム) 西武7点リードの6回、高宮(オ)の2球目が中島(西)の左脇腹を直撃。中島がバットを放り投げて怒りを表し乱闘に発展した。

 ☆12年4月11日、阪神―広島戦(マツダ) ブラゼル(神)が内角攻めを繰り返す福井(広)に激高。膝元の球をよけた後、福井と目が合ったとして乱闘騒ぎになった。一度は収まったが、前日の藤井彰(神)の顔面死球もあり、広島ベンチのヤジが発端で両軍ベンチが再び空っぽになった。

 ☆13年4月23日、広島―ヤクルト戦(神宮) 同点の8回、新人の江村(ヤ)が前田智(広)の左手首に死球。前田智が詰め寄ろうとし、両軍入り乱れて乱闘に発展。さらに、古沢コーチ(広)が荒木コーチ(ヤ)の胸につかみかかり退場処分となり、警告試合が宣告された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月28日のニュース