中畑監督 2年連続の屈辱「中途半端な野球 責任は私」

[ 2013年6月28日 21:17 ]

<D・中>ベンチで厳しい表情の(後方左から)DeNA・高木打撃コーチ、中畑監督、友利投手コーチ
Photo By スポニチ

セ・リーグ DeNA0―9中日

(6月28日 横浜)
 山井の前に無安打無得点。昨年4月6日(横浜)に広島・前田健にノーヒットノーランを食らったのに続き、2年連続で快挙を許したDeNA・中畑監督は「連続ですね」と自嘲(ちょう)気味に口を開いた。そして、その怒りの矛先は打線よりも先発投手の井納に向けられた。

 「大味な雰囲気で集中力を欠くことに…立ち上がりの失点の仕方が(ノーヒットに終わった)一番の要因」。初回にいきなり7安打を浴び7失点。攻撃をする前に勝負がほぼ決まった。

 「詰めが甘い、そんな球が1イニングに何球あったか。プロのレベルではない」とルーキー右腕を酷評。「中途半端な野球…責任は私。ふがいない試合をしてすいません」。陽気な指揮官もただ、謝るしかなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月28日のニュース