糸井と真剣勝負の怪物中学生 三振斬りも「スイングが凄い」

[ 2013年6月28日 06:00 ]

糸井(右)を空振り三振に打ち取り笑顔の伊藤君

 試合前に、仙台市立西山中学校2年の伊藤英二投手(13)と糸井の1打席真剣勝負が行われ、糸井が低めの119キロ直球で空振り三振に倒れた。

 伊藤君は、昨年の全日本リトルリーグ野球選手権で、18人全員(リトルリーグは6イニング制)を三振に打ち取る完全試合を達成。天才少年といわれているが、「スイングが凄くて、思ったところにボールが行かなかった」と10球中7球がボール球だったことを悔やみ、「この舞台に戻ってきて、糸井選手と戦いたい」と将来の夢を語った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月28日のニュース