阪神 榎田 2軍戦で左肘違和感訴える 巨人戦は秋山先発へ

[ 2013年6月28日 06:00 ]

<ウエスタン 神・ソ>初回のピンチを切り抜けたものの渋い表情でベンチへ戻る榎田(右)

 ウエスタン・リーグのソフトバンク戦(鳴尾浜)に先発した阪神・榎田が左肘に違和感を訴え、1安打無失点、1回だけで降板した。

 榎田は5日の西武戦(倉敷)を最後に登板がなく、7月3日の巨人戦(甲子園)の先発が有力だったが、監督は「どの程度なのか。確認した上で」と慎重な発言に終始。同戦には4年目右腕の秋山が代役先発することが決定的となった。秋山は今季ここまでウエスタン・リーグ1位の防御率1・98と安定した投球を続けている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月28日のニュース