山井の快挙呼んだ!中日 3位浮上 初回7得点で試合決めた

[ 2013年6月28日 21:30 ]

セ・リーグ 中日9-0DeNA

(6月28日 横浜)
 中日が初回の猛攻で、山井のノーヒットノーランを“アシスト”した。

 先頭・大島が右前打で出塁すると、荒木も左前打で無死一、三塁。続くクラークの中前適時打で、あっさり先制した。さらにルナが四球で満塁となり、和田、平田の連続適時打で3点を追加。7人目の打者・谷繁が遊ゴロで初めてアウトになったが、勢いは止まらない。次の堂上が左前2点適時打。山井の犠打で2死二塁とすると、早くも2打席目が回ってきた大島が“とどめ”の中前適時打を放った。結局、DeNA先発・井納に対し、初回だけで打者11人攻撃、7安打を集中し7得点を奪った。

 さらに4回、7回にも加点し大量リードを奪うと、あとは山井の投球を見守るだけだった。15安打9得点での大勝。広島と入れ替わり、チームは3位に浮上した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月28日のニュース