内川 勝ち越し打に「2人のミスを帳消しにしたかった」一丸を強調

[ 2013年6月28日 22:17 ]

<ロ・ソ>6回2死満塁、中前に勝ち越し適時打を放つ内川

パ・リーグ ソフトバンク10―5ロッテ

(6月28日 QVC)
 2回にエラー絡みで手痛い5失点。3連敗中のソフトバンクには大きなビハインドだったが、諦めることはなかった。5回に1番中村が安打でつなぎ、2番本多が3ラン、失策を犯した2人の汚名返上の一打で打線に火がついた。続く6回には代打ペーニャの同点、内川の勝ち越し打、松田、長谷川の連続適時打など打者12人の猛攻で6点を奪ってひっくり返した。

 勝ち越し打を放った3番内川はお立ち台で「2人のミスを帳消しにしたかった。連敗はしちゃいけないが(止められて)ひとまずよかった」とチーム一丸になっての逆転劇を振り返った。

 これで首位ロッテに2ゲーム差、3連勝すれば首位に並ぶ。「(自分たちは)上に勝たないといけない」と、土日の連戦に早くも目を向けていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月28日のニュース