チーム救った3完投 能見は謙虚「藤井彰さんと野手のおかげ」

[ 2013年6月19日 17:13 ]

日本生命セ・パ交流戦表彰選手

 日本生命賞に選出された阪神の能見は、抑えの久保が不振で2軍降格した中、3完投と救援の負担を減らす貢献度が光った。チームを5年ぶりの交流戦勝ち越しに導いたエースは「(捕手の)藤井彰さんが組み立てを考え、野手にしっかり守ってもらっての長いイニング」と謙虚に話した。

 セ・リーグは早くも巨人との一騎打ちの様相を呈している。巨人キラーの能見にかかる期待も大きく「先のことは考えず、一戦一戦やることが大事」と決意を述べた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月19日のニュース