巨人 統一球問題で選手に謝罪 内海「開幕前に言ってほしかった」

[ 2013年6月19日 06:00 ]

練習前、選手たちに統一球問題についての説明を行った巨人の山岸取締役連盟担当(中央)は大勢の報道陣に囲まれる

 巨人の山岸均取締役連盟担当がジャイアンツ球場のクラブハウスで一連の統一球問題について1軍選手に説明した。

 14日の12球団代表者会議で日本野球機構(NPB)から提示された統一球の仕様の変遷を記した資料を配り「NPBから説明を受けていないとはいえ、そのままシーズンを迎えさせてしまったことはおわびしました」と山岸取締役。チームが福岡遠征中だった15日に原監督ら首脳陣や選手会長の内海には伝えていたが、あらためて練習再開のこの日に説明。内海は「なったことは仕方ないし、なるならば開幕前に言ってほしかった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月19日のニュース