「怪童」尾崎氏と最後の別れ 石毛氏らが故人しのぶ

[ 2013年6月19日 12:18 ]

 プロ野球東映、日拓(現日本ハム)で剛速球投手として活躍し「怪童」の異名をとった尾崎行雄氏の葬儀・告別式が19日、東京都荒川区の町屋斎場で営まれた。13日に68歳で死去した剛腕との最後の別れに球界関係者ら約200人が参列した。

 プロ野球のOBがプレーしたマスターズリーグで一緒だったという石毛宏典氏らがしのんだ。石毛氏によると、斎場内には新人王や最多勝のトロフィーが飾られていた。「偉大な先輩。しがみつく生き方をしない方で最期も潔かったと思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月19日のニュース