ダル「簡単に点を取られた」今季ワースト5失点で6戦勝利なし

[ 2013年6月19日 13:11 ]

アスレチックス戦の4回、マウンドで汗をぬぐうレンジャーズのダルビッシュ
Photo By スポニチ

ア・リーグ レンジャーズ2―6アスレチックス

(6月18日 アーリントン)
 レンジャーズのダルビッシュは18日(日本時間19日)、アーリントンでのアスレチックス戦に先発し、2本のソロ本塁打を浴びるなど6回6安打5失点(自責点4)で今季3敗目(7勝)。5月16日のタイガース戦以来、6試合白星なしとなった。

 ダルビッシュは2、3回ともに先頭打者に被弾。2回は93マイル(149キロ)の速球が真ん中に入り、5番モスに右翼スタンドへ運ばれた。3回にはスライダーで見逃しストライクとした後の2球目、ジェイソに速球を捉えられた。味方が1点差に迫った直後の4回には自らの暴投などで2失点。10個の三振は奪ったが今季ワーストの5失点を喫し、5月21日のアスレチックス戦以来となる黒星がついた。

 ▼ダルビッシュの話 調子は悪くなかったが、簡単に点を取られたかなという感じ。(アスレチックスは)すごく良いチーム。なかなか簡単にアウトにならない。(2本塁打は)相手がうまく打ったかなと思う。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月19日のニュース