大谷 二刀流翌日は2軍練習場で調整「そんなに疲れはなかった」

[ 2013年6月19日 19:51 ]

 投手と野手の「二刀流」に挑んでいる日本ハムの大谷は19日、千葉県鎌ケ谷市の鎌ケ谷スタジアムで小雨の中でランニングやキャッチボールをこなした。

 18日の広島戦では「5番・投手」で先発し、5回からは右翼の守備にも就いた。一夜明けて「球数は少なかったので、そんなに(疲れは)なかった」と振り返った。

 先発投手として5、6番手を争い、21日からの首位ロッテとの4連戦では野手での活躍が期待される。ここまで打率3割2分9厘の左打者は「(左投手に対して)しっかり踏み込んでいければいい。左投手のスライダーが抜けてくると飛ぶ。本塁打も多かった」とイメージを膨らませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月19日のニュース