青木、2試合連続無安打「結果もがっかり、内容も良くない」

[ 2013年6月19日 12:41 ]

アストロズ戦で4打数無安打に終わり、厳しい表情でグラウンドを見詰めるブルワーズ・青木

交流戦 ブルワーズ1―10アストロズ

(6月18日 ヒューストン)
 ブルワーズの青木は18日(日本時間19日)、ヒューストンで行われたアストロズ戦に「1番・右翼」で出場し、4打数無安打。16日のレッズ戦に続き2試合連続無安打となった。

 青木は1回の第1打席は遊ゴロ、3回は1死一塁の好機で二ゴロに倒れた。5回は先頭で中飛、7回は1死から遊ゴロで、打率は2割9分2厘。チームは1―10で大敗した。

 ▼青木の話(2試合連続の無安打に)結果もがっかりだけど、内容も良くない。自分の中で何とかしなきゃいけないと思う。(チームも大敗で)良いところを探すのが難しいぐらいの試合だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月19日のニュース