川崎、守備で途中出場 7連勝も「それを気にするのは監督」

[ 2013年6月19日 10:56 ]

ロッキーズに勝利し、喜ぶブルージェイズ・川崎

交流戦 ブルージェイズ8―3ロッキーズ

(6月18日 トロント)
 ブルージェイズの川崎は18日(日本時間19日)、トロントで行われたロッキーズ戦で8回から遊撃の守備に就いた。打席は回ってこなかった。チームは8―3で勝ち、7連勝とした。

 ブルージェイズは打線が1回に4点を先制すれば、先発ロジャーズは6回途中まで無安打の好投。投打がかみ合い、勝率5割まであと2勝と迫った。

 前日と同様に8回から遊撃の守備固めに入った川崎は「(7連勝は)まったく気にならない。僕はプレーヤー。それを気にするのは監督です」と話し、これまで通り自分のプレーに集中していく構えだ。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月19日のニュース