春夏連覇主将はヤワじゃない!亜大1年水本 大暴れ4安打3打点

[ 2013年4月26日 06:00 ]

<亜大・国学院大>6回無死、右越えソロを放った亜大・水本

東都大学野球第3週最終日 亜大5―2国学院大

(4月25日 神宮)
 2回戦2試合が行われた。亜大は水本弦外野手(1年)が今秋ドラフト候補の国学院大・杉浦稔大投手(4年)からリーグ戦初本塁打をマークするなど4安打3打点の活躍で、5―2で連勝して勝ち点2とした。駒大は4―0で中大を下し開幕4連勝。片山雄貴投手(2年)が6回無失点でリーグ戦初勝利を挙げた。

 昨年、大阪桐蔭で主将を務め甲子園で春夏連覇を達成した亜大・水本が、4安打3打点と大暴れ。2打席連続適時打後の6回、杉浦の139キロの直球を右翼席に運び「長打が欲しいと思っていたのでうまく打てた。打った瞬間、入ったと思った」と大学1号を喜んだ。開幕から「5番・左翼」で先発出場し、ここまで5試合で打率・421。生田勉監督は「どっしり落ち着いてやっている。ずぶとい性格なので楽しみ。期待以上です」と目を細めた。

 ▼亜大・九里(7回1失点で2勝目)1戦目に投げていない悔しさがあった。

 ▼国学院大・杉浦(6回5失点で2敗目)球に力がなくて高めに浮いてしまった。負けたのは自分の責任。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月26日のニュース