4番中田 つなぎの4安打 5番は絶好調アブちゃん7号出た

[ 2013年4月26日 06:00 ]

<ソ・日>7回、この日4安打目となる右前打を放った日本ハム・中田

パ・リーグ 日本ハム5-2ソフトバンク

(4月25日 ヤフオクD)
 チームを勢いづけるのは4番の先制打。日本ハム・中田はその役目を全うした。初回2死三塁から左前適時打。「ずっと苦しい試合だったので先制点を取りたい気持ちが強い。だからうれしかった」。このカード3連戦は、全て初回に中田のバットが先制点を叩き出した。

 乗り遅れた分だけ爆発した。18安打9得点とド派手な勝利を飾った前夜、打席に立った選手の中で唯一安打がなかった。試合後は「打っていないの、俺だけ?」と報道陣に問いかけた。しかし、この日は第2、3打席も左前打を放てば、第4打席は右前へ。昨年8月22日オリックス戦(旭川)以来となる今季初の4安打をマークし、打率も・289まで上がった。

 つなぎの意識が好結果を生む。5番に座るのは、この試合でリーグトップの7号本塁打を放ったアブレイユ。「アブちゃんが調子いいから、つなげば長打がある」の言葉通り、4安打は全て単打だった。追い込まれると打席内でノーステップ、すり足、一本足と状況に応じてフォームを変化させる工夫も。「普段大振りしているわけではないけど、変化球に食らいついてやろうと」と必死の姿を見せている。

 栗山監督も「チームのためにやらないといけないという意識がうれしいし、稲葉がいない中でその姿がうれしい」と目を細める。2週間ぶりの連勝で4カードぶりの勝ち越し。師と仰ぐ稲葉は不振のため出場選手登録を外れた。最下位に低迷する日本ハムを救えるのは、やはり中田しかいない。

  ▼日本ハム・アブレイユ(7回に2戦連発となるリーグトップの7号2ラン)凄く状態が良くていい感じで振れた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年4月26日のニュース