鳥谷 不振深刻 得点圏打率・083 三塁コーチ判断ミスも出た

[ 2013年4月26日 06:00 ]

<中・神>初回1死三塁、先制機に阪神・鳥谷は空振りの三振に倒れる

セ・リーグ 阪神0-1中日

(4月25日 ナゴヤD)
 阪神は7安打を放ったが無得点。和田監督は「負けるべくして負けた。主導権を握れなかった」と渋い表情だった。

 打線で気掛かりなのは鳥谷だ。初回1死三塁の先制機で空振り三振に倒れた。得点圏打率・083の主将は「どんな形でも還さないといけなかった」と振り返った。9回1死一、二塁では、代打関本の左前打で二走の田上が本塁で憤死。前日も本塁突入の判断で失敗のあった吉竹三塁コーチは「遅れた中でも、いけると思った」と話した。

 ▼阪神・水谷チーフ打撃コーチ(鳥谷について)いかんな。ちょっと体が前に突っ込んどる。そういうときは打てん。上げていかないと。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月26日のニュース