イチロー 調子上向き1安打 指揮官も活躍を期待

[ 2013年4月26日 06:00 ]

<レイズ・ヤンキース>9回、右前打で出塁し、カノの二ゴロで二進するヤンキースのイチロー

ア・リーグ ヤンキース0―3レイズ

(4月24日 セントピーターズバーグ)
 ヤンキースのイチローは3日のレッドソックス戦以来、今季2度目となる2番で先発。

 9回には前日殊勲打を放った相手、ロドニーの94マイル(約151キロ)直球を右前へ運び4打数1安打だった。打率はまだ・222も、初回には右翼へ大飛球を放つなど打撃内容は上向き。試合には敗れたが、ジョー・ジラルディ監督は「先週から状態はいい。去年のような好調をこれから取り戻すだろう」と期待を寄せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月26日のニュース