ダル メジャー最速159キロ!力勝負6回11Kねじ伏せた

[ 2013年4月26日 06:00 ]

<エンゼルス・レンジャーズ>6回を3安打無失点11奪三振の好投で、リーグトップタイとなる4勝目を挙げたレンジャーズのダルビッシュ

ア・リーグ レンジャーズ11―3エンゼルス

(4月24日 アナハイム)
 レンジャーズのダルビッシュ有投手(26)が24日(日本時間25日)、エンゼルス戦に先発。6回3安打無失点、11奪三振の快投で、リーグトップタイの4勝目を挙げた。3回にはメジャー自己最速を更新する99マイル(約159キロ)を叩き出すなど、直球中心の投球でエンゼルスの強力打線を寄せ付けなかった。これで両リーグトップとなる49奪三振。シーズン換算では314奪三振となり、大リーグでは11年ぶりの「300超え」の可能性も浮上した。

 日本時代に見慣れた癖のない、きれいな軌道のフォーシームだった。3回2死、ボアジャスへの4球目。ダルビッシュがメジャー自己最速を更新する99マイルを叩き出した。外角高めに外れたものの、この日の直球の状態を如実に示していた。

 「スピードというよりも、切れというか、力が凄くあった。だからキャッチャーも受けていて分かっているだろうなと思いました」

 7日に同じエンゼルスと対戦した際の最速は95マイル(約153キロ)。だがこの日は第2回WBC決勝の韓国戦でマークした自己最速の100マイル(約161キロ)には及ばなかったが、95マイル超えだけで21球を数えた。「その日、いいボールを使う」と話していた通り、100球中53球が直球系。しかも打者の手元で微妙に動かし、凡打を狙うツーシームやカットボールではなく、そのほとんどがフォーシームだった。まさに力でねじ伏せ、捕手のピアジンスキーは「今までで最高の直球だった」と評した。

 キャンプ終盤に首を痛め、投球フォームに狂いが生じた。今季初登板となった2日のアストロズ戦では、右薬指の皮がめくれるアクシデントもあった。そのため変化球に頼らざるを得なかったが、今季5戦目にして体の不安がなくなったことで、今まで以上に直球の切れが生まれた。

 プホルス、ハミルトンらを擁する強力打線のエンゼルスは、今季も同地区最大のライバルとなることは間違いない。スプリット、チェンジアップを封印し、これまでと異なる新たな投球パターンで抑えたことは、相手をさらに惑わせることにつながり、今後の対戦でも優位に立てる。「真っすぐ、スライダー、カーブ。(それで)十分だったと思う」と試合後も余力十分だった。

 連続無失点は18イニングに伸び、防御率1・65はリーグ3位。月間MVPも視野に入るが「シーズンが終わってどうだったかだけ(が大切)なので、途中経過で何も思うことはない」と素っ気ない。ダルビッシュの目線は、常に先を見据えている。

 ≪11度目2桁≫ダルビッシュがエンゼルス戦で、11奪三振を記録。これで大リーグ11度目の1試合2桁奪三振となり、レンジャーズの投手としてはノーラン・ライアンの34度、ボビー・ウィットの24度に続く、3位タイに浮上した。また、WHIP(1イニングあたりの与四死球+被安打数)0・80は岩隈(マリナーズ)に続くリーグ2位、被打率・145も同2位となっている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月26日のニュース