木佐貫 悔し2勝目「ベンチを殴りそうになった」

[ 2013年4月26日 06:00 ]

<ソ・日>帽子を取り武田久(中央)を出迎える日本ハム・木佐貫

パ・リーグ 日本ハム5-2ソフトバンク

(4月25日 ヤフオクD)
 日本ハムの木佐貫は、9回に先頭打者から4連打されてマウンドを譲った。

 完封はおろか完投も逃し、「思わずベンチを殴りそうになったけど、いさめました」。2勝目にも苦い表情が浮かんだ。それでも8回まで3安打しか許さなかった。黒木投手コーチは「打者への間が良くなってきた」と改善点を評価し、栗山監督も「野手に安心感を与えてくれる内容」と褒めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月26日のニュース