沢村 DeNA戦は7連勝 “自己最長”記録も達成

[ 2013年4月26日 07:26 ]

<巨・D>2勝目を挙げた巨人・沢村。帽子のひさしには「気」「信」「責」の文字が

セ・リーグ 巨人5-3DeNA

(4月25日 岐阜)
 巨人は25日、DeNAに同一カード3連勝を達成した。先発の沢村拓一投手(25)は本来の球威が復活し、7回1死までパーフェクトの快投。9回に3ランを浴びて完投も逃したが、8回0/3を3安打3失点で2勝目を挙げた。

 7回1死まで打者19人をパーフェクトに抑えた沢村。過去、無安打の最長は昨季5月20日ソフトバンク戦の6回終了時まで、無走者は11年5月31日西武戦の12人となっており、いずれも自己最長となった。

 これでDeNA戦は今季2連勝で、通算7勝1敗(防御率1・92)。初対戦の11年5月11日に敗れた後は7連勝だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月26日のニュース