巨人今季5敗はすべて左腕 長野、好機に倒れ「1本打っていれば」

[ 2013年4月26日 21:52 ]

セ・リーグ 巨人2―4ヤクルト

(4月26日 神宮)
 巨人は今季5敗目を喫し、そのすべての相手先発が左腕となった。この日は石川の投球術にかわされ、7回で2点しか奪えなかった。原監督は「まだ始まったばかり。これからまだ続くから」と前向きに話した。

 0―3の7回に相手の失策も絡んで2点を返し、なお2死満塁。ここで長野が捕邪飛に倒れた。「僕が1本打っていれば勝っていたと思う」と責任を背負い込んだ。川相ヘッドコーチは「左に強い打者が出てきてくれれば」と願っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月26日のニュース