榎田 独り相撲2敗目 4回まで無安打投球も突然“自滅”

[ 2013年4月26日 06:00 ]

<中・神>5回、四球から失点し悔しがる阪神の榎田(右)と日高のバッテリー

セ・リーグ 阪神0-1中日

(4月25日 ナゴヤD)
 野球の怖さをあらためて痛感した。阪神・榎田が5回1死から投手の岩田に四球を出したのが勝敗を分けた。大島の遊ゴロで二塁封殺で走者が入れ替わると二盗を決められ、暴投で2死三塁から荒木に左前打。この試合で初めて許したヒットだった。

 「四球と死球で6つですかね? ピッチャーに四球を出したのが点を取られた要因ですね」

 悔恨の1点は結局、決勝点となった。抜け球が多く、6四死球と制球に苦しんだ。それでも「悪いながら、苦しみながら抑えたのですが…」と4回までは無安打ピッチング。カーブ、スライダーでカウントを稼げない中で、最速143キロの直球で押す力強い投球で要所を締めた。

 4試合目の先発マウンドでチームトップの2勝をマーク。6回1安打1失点で防御率は試合前の0・385から下がったが、それでも0・61は堂々の2位。中西1軍投手コーチからも「状態は悪かった。粘り強く投げていたけどピッチャーの四球だな。こういう試合に勝っていけるようにならないと」と求められるレベルは高くなっていた。

 一方で和田監督は「今日は抜けていたね。四球も多かったし。悪いなりに抑えていたんだけど。(打線が)ひっくり返したかったけど」と無援の背番号13を思いやった。

 ナゴヤドームは11年4月16日にプロ初登板を果たした地。2回無失点と上々のデビューを飾っていた。あれから2年。先発として帰ってきた思い出のマウンドで今度は苦い思いを味わった。更なる成長への糧としてみせる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月26日のニュース