中日岩田 雪辱1勝 高木監督はローテ確約「そりゃ、そうよ」

[ 2013年4月26日 06:00 ]

<中・神>抑えの岩瀬(右)からウイニングボールを受け取る中日・岩田

セ・リーグ 中日1-0阪神

(4月25日 ナゴヤD)
 地獄からはい上がってきた右腕が猛虎打線にリベンジを果たした。今季初先発となった中日・岩田が、スライダー、フォーク、スローカーブなど多彩な球種を駆使する変幻自在の投球で7回4安打無失点。防御率リーグトップだった榎田に投げ勝ち、初白星を飾った。

 「立ち上がりはドタバタしてしまったけど、ホームに還さなきゃいいと思っていた。2軍でいろんな方に気にかけてもらったおかげです」

 初回先頭の西岡の四球から1死三塁のピンチを招いたが、鳥谷を空振り三振、マートンを中飛に仕留めてリズムに乗った。打者の手元でボールを動かし、低めに集めてゴロに打ち取る持ち味を存分に発揮した。

 昨季5勝を挙げ、開幕ローテの有力候補だったが、鳴門で地獄を見た。3月5日の阪神とのオープン戦で、8連続安打を含む3回2/3を14安打10失点の大炎上。即日、2軍落ちし、開幕まで声がかかることがなかった。

 2軍ではキャンプからの不調の原因を徹底的に洗い直した。「下半身が硬くなっていた。トレーニングコーチにはストレッチをほぼ毎日してもらった」。鈴木2軍監督に「(抑えようと思わず)打ってもらうんだぞ」と助言され「ピンチの時にふと思い出すと楽になるんです」と精神的にも立ち直った。

 今後は1度抹消される方針だったが、文句なしの内容に“続投”決定。高木監督は「そりゃ、そうよ。ここんとこあんな投球をするのはおらん」と絶賛だ。苦しんでつかみ取ったローテの座はもう離さない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月26日のニュース