ゴンザレス「胴上げはさせない」 7回1安打の力投で3勝目

[ 2011年10月15日 20:58 ]

中日戦に先発した巨人・ゴンザレス
Photo By スポニチ

セ・リーグ 巨人4―1中日

(10月15日 東京D)
 巨人が中日を4―1で下し、目の前での胴上げを阻止した。

 4回2死、ラミレスが中日先発・チェンから左翼席へ先制ソロ。5回には高橋由が続き2点をリードした。巨人先発のゴンザレスは7回1安打無失点の力投で3勝目。「胴上げはさせないと固く誓ってマウンドに上がった。積極的に振ってきてくれたので低めに集める投球が生きた」と振り返った。

 7回にはケガから復帰の小笠原がゴンザレスの代打で登場。右飛に倒れたもののCSに向け明るい材料となった。原監督も「ゴンザレスは自在という感じの投球だった。久々にガッツ(小笠原)が入っていい方向に進んでいる」と手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月15日のニュース