ベイ152キロ右腕獲り!ホンダ・佐藤を上位指名へ

[ 2011年10月15日 06:00 ]

 横浜が27日のドラフト会議で、社会人野球・ホンダの佐藤達也投手(25)の上位指名を目指していることが14日、分かった。佐藤は北海道東海大卒で、昨年の都市対抗にも出場した最速152キロ右腕。

 球団関係者は「社会人ではトップクラス。中継ぎなら即戦力でしょう。将来的には先発を見据えている。常時145キロ以上が出るし上位じゃないと獲れない」と絶賛した。

 佐藤は埼玉生まれの7人兄弟の末っ子。本格的に野球に取り組み始めたのは指扇中(埼玉)という。大宮武蔵野から北海道に渡り、北海道学生リーグで切れのある直球、スライダーなどを武器に通算18勝をマークし才能を開花させた。

 昨季は加賀、今季は須田、大原慎と、横浜は社会人からの新人が即戦力で活躍している。球団関係者は「(中継ぎで活躍している)藤江のようだ。あとは投球時の姿勢を直せばもっと伸びる」と話した。

 4年連続最下位のチームにとって投手陣の整備は最重要課題。1位指名はいまだ流動的だが、佐藤を上位で獲得することで強化につなげたい考えだ。

 ◆佐藤 達也(さとう・たつや)1986年(昭61)7月26日、さいたま市生まれの25歳。指扇中から野球を始め外野手。大宮武蔵野から投手。北海道東海大では北海道学生リーグ通算18勝で、3年秋に最優秀投手賞を受賞。ホンダでは10年の都市対抗に出場した。最速152キロで球種はスライダー、カットボール、フォーク。兄3人、姉3人の7人兄弟の末っ子。1メートル78、75キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月15日のニュース