建山あ然「1人、違う次元」 タ軍バーランダー驚投

[ 2011年10月15日 06:00 ]

ア・リーグ優勝決定シリーズ第5戦 タイガース7―5レンジャーズ

(10月13日 デトロイト)
 タイガースは今季24勝のバーランダーが意地を見せた。

 初回に1点を先制される苦しい立ち上がり。1点リードの5回にも同点とされたが、8回に2ランを浴びて降板するまで、自己最多の133球を投げた。3連投中だった抑えのバルベルデが使えない中、背水の登板で粘投したエースは「気分は最高。次はワールドシリーズ第1戦で投げたい」と笑顔。本塁打となった最後の133球目に100マイル(約161キロ)を計時した右腕に、レ軍の建山も「1人、違う次元にいる」と驚いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月15日のニュース