8勝目の岸「自分は何もしてない。勝ったのが一番」

[ 2011年10月15日 18:52 ]

パ・リーグ 西武6-3楽天

(10月15日 西武D)
 西武の岸は2回に先制を許し、5―1の7回には無死から4連打で2点を失うなど苦しい投球が続いた。7回途中で救援陣に後を託し「自分は何もしてない。チームが勝ったのが一番」と、何よりも勝利を喜んだ。

 自身にとっては10月に入って初勝利。新人から4年連続で2桁勝利を挙げてきたが今季はまだ8勝目だ。残り3試合は中継ぎで起用される可能性もあることには「そのつもりでいる」と意欲を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月15日のニュース