東海大部員ブログ問題 報告書差し戻し、再提出へ

[ 2011年10月15日 06:00 ]

 全日本大学野球連盟は14日、日本学生野球憲章に抵触する疑いのある首都大学野球リーグの東海大からの報告書を差し戻し、再提出を指示した。

 同大野球部2年生部員が自身のブログに「巨人のトレーナーからリハビリメニューで朝晩ランニング1時間って言われてる」などと書き込んだことが12日に判明。巨人側は、技術指導にあたる事実はないと否定していた。この日、首都大学野球連盟・宮下潤事務局長が報告書を全日本大学野球連盟に持参。しかし日本学生野球協会の内藤雅之事務局長は「内容に一部不備があるので再提出を求めた」とした。週明けにも再提出される報告書を受け、全日本大学野球連盟審議委員会で審議が行われる予定。学生野球憲章では学生は現役プロ選手、コーチからの指導を禁じており、今回の件が憲章違反と見なされた場合は、学校側に処分が下される可能性が高い。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月15日のニュース