CS進出へ負けられない一戦…西武 勝率5割復帰で望みつなぐ

[ 2011年10月15日 15:54 ]

6回、本塁打を放ちナインに迎えられる西武・フェルナンデス

パ・リーグ 西武6-3楽天

(10月15日 西武D)
 西武が逆転勝ち。残り4連戦で、負ければCS進出が一気に遠のくなか、勝率を5割に戻して望みをつないだ。

 西武は1点を追う5回、1死満塁で栗山の右前打で同点、続く原の中犠飛で勝ち越しに成功すると、中島が中前打で続いてこの回3点。6回にはフェルナンデスの16号ソロ、銀仁朗の中犠飛でリードを広げた。

 投げては岸が7回途中3失点で8勝目。

 楽天は4点を追う7回、銀次、伊志嶺の連続適時打で2点差に迫ったが反撃もそこまで。連勝は3でストップした。

 ▽栗山(5回に同点打)「前の打席でがっかりさせてしまったので、良い結果を残そうと気合を入れた」

 ▽フェルナンデス(6回に16号ソロ)「好結果を引き寄せることができて良かった。重圧は感じない。楽しいのひと言に尽きる」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月15日のニュース