タ軍怒とうの“サイクル4連打” レ軍エース沈めた

[ 2011年10月15日 06:00 ]

<タイガース・レンジャーズ>6回無死三塁、ヤングが2打席連続となる本塁打を放ち“サイクル4連打”完成

ア・リーグ優勝決定シリーズ第5戦 タイガース7―5レンジャーズ

(10月13日 神宮)
 タイガースの強力打線が、本来のつながりを見せた。2―2の6回。2番レイバーンから左前打、左翼線二塁打、右翼線三塁打と続いて2点を勝ち越すと、5番ヤングは左越え本塁打。

 怒とうの「サイクル4連打」で一挙4点を挙げ、レ軍エースのウィルソンを沈めた。ジム・リーランド監督は「好投手から、我慢強くいいスイングをしてくれた」と満足げ。データ専門会社によれば、単打から順番通りのサイクル4連打はポストシーズンでは史上初という。

 左脇腹痛を抱えるヤングは、4回にも本塁打を放って今ポストシーズン5発。「ここ数試合でタイミングが戻っていた」と興奮気味に振り返った。右肋骨付近の痛みを押して出場を続ける4番マルティネスは「不可能なことはない。自分たちを信じている」と次戦での逆王手へ意欲満々だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月15日のニュース