ア・エルズベリー&ナ・バークマン カムバック賞発表

[ 2011年10月15日 06:00 ]

 大リーグは13日、今季のカムバック賞を発表し、ア・リーグはレッドソックスのエルズベリー、ナ・リーグはカージナルスのバークマンの両外野手を選出した。

 エルズベリーは昨季、左脇腹痛などで長期離脱し18試合の出場にとどまっていたが、今季はいずれも自己最高の打率・321、32本塁打、105打点に加え、39盗塁をマークした。また、昨シーズン中にアストロズからヤンキースに移籍し通算打率・248だったバークマンは、打率・301、31本塁打、94打点でチームのプレーオフ進出に貢献した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月15日のニュース