東海大・菅野2季ぶり優勝へ連投辞さず「フル回転で」

[ 2011年10月15日 06:00 ]

 今秋ドラフトの目玉で、巨人が1位指名を表明している東海大・菅野智之投手(4年)が、15日の大東大戦(平塚)に先発する。

 チームはここまで6連勝。勝ち点を奪取すれば1カードを残して2季ぶりの優勝が決まる。同大グラウンドで調整した右腕は「春に負けて、秋は圧倒的な力を見せつけようとやってきた。連勝で優勝を決められるようフル回転したい」と連投の覚悟を示した。22歳の誕生日だった11日にプロ志望届を提出。複数球団が1位指名候補に挙げていることには「評価してもらっているのは自分が成長した証。光栄に思う。ただ、今目指しているのは日本一なので」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月15日のニュース