カージナルス2勝2敗タイに 指揮官ウルフに脱帽

[ 2011年10月15日 06:00 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第4戦 カージナルス2―4ブルワーズ

(10月13日 セントルイス)
 カージナルスは逆転負けを喫し、対戦成績を2勝2敗のタイに持ち込まれた。

 2回にホリデー、3回にはクレイグのソロで主導権を握ったが、地区シリーズ開幕戦で6回途中6失点と期待を裏切った先発ローシュが、中11日の登板でも立ち直れず4、5回に失点を重ねて逆転を許した。その後は自慢の強力打線も沈黙。トニー・ラルーサ監督は「勝つチャンスはあった。得点するチャンスはあったが(相手先発に)素晴らしい仕事をされた」と脱帽した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月15日のニュース