長野同点弾も大野を警戒 ラミも「いい経験になる」

[ 2011年10月15日 06:00 ]

セ・リーグ 巨人7-2中日

(10月14日 東京D)
 巨人は新人左腕・大野相手に1点を追う初回、長野が中越え16号同点ソロ。

 ルーキーから2安打を放ったものの「会心の当たりだった。でも今後、警戒していかないと」と慎重なコメント。2回は4連打など6安打で5点。3回はラミレスが左中間21号ソロなど4回でKO。ラミレスは「いい球が来ていたけど、まだこのレベルで投げるまでには時間がかかる。ただ、この状況で投げたのはいい経験になる」とプロの洗礼を浴びせて満足げだった。

 ▼巨人・藤村(2回にチーム3点目の中前打)先輩たちがつないでくれたチャンスで、自分もつなげることができて良かった。

 ▼巨人・寺内(2回に左前にダメ押しの2点打)打てなくても起用してもらっているので、追加点が取れて良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月15日のニュース