失速も…小川監督来季続投 オーナー代行「糧にして」

[ 2011年10月15日 06:00 ]

セ・リーグ ヤクルト1-10阪神

(10月14日 神宮)
 ヤクルトの衣笠剛球団社長兼オーナー代行(62)が、あらためて小川監督の来季続投を明言した。

 この日の阪神戦(神宮)を視察に訪れ「この前言った通り、続投(の方針)に全く変更はありません。昨年代行に就任して以来、トータルで評価できる成績を残してくれた」と話した。チームは5月31日から10月5日まで首位を走ったが、9月以降に負傷、離脱者が続出。10日からの中日4連戦(ナゴヤドーム)では4連敗を喫し、逆転Vは厳しい状況となっている。それでも同社長兼オーナーは「それらのことを糧にして、思っています」と、指揮官の手腕に期待をかけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月15日のニュース