渡辺会長提言「知事や市長が、みなとみらいに球場を」

[ 2011年10月5日 06:00 ]

セ・リーグ 巨人1-4横浜

(10月4日 東京D)
 巨人・渡辺恒雄球団会長(85)が4日、都内で取材に応じ、横浜球団を保有するTBSホールディングス(HD)が球団売却を検討していることに言及。

 「あそこは球場(横浜スタジアム)の資質が悪い」と入場料収入の25%を使用料として支払う「赤字構造」に問題があると指摘し、「知事や市長が、みなとみらいに市民のために立派な球場を造ってやればいいんだよ。それで駄目なら(静岡の)草薙でやればいい」と続けた。

 球団を保有してきたTBSHDについては「十分苦労した。俺が間を取り持ったけど迷惑をかけた」。また新オーナー会社については、阪神が60年間赤字であったことを例に挙げ「やるなら50年規模で赤字になってもどうなっても球団を育てる気持ちが必要。オーナーはそれだけの情熱がないと」との注文を出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月5日のニュース