田口 オリックス戦力外 右肩手術で現役続行へ

[ 2011年10月5日 17:41 ]

 オリックスの田口壮外野手(42)が戦力外通告を受けていたことが5日、分かった。同選手が「事実です」と認めた。今後については、2月のキャンプで痛めた右肩を手術することを明かし「なるべく早くにと思っている」と話した。現役続行を視野に入れているとみられる。

 田口は今季、5月10日に出場選手登録されて8月29日に外れるまで62試合に出場し、打率2割7分3厘、0本塁打、15打点だった。

 田口は1992年にドラフト1位でオリックスに入団。2002年から米大リーグに挑戦し、カージナルスなどでプレーした。昨季からオリックスに復帰していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年10月5日のニュース